100年前から100年先へ NO TREASURE , NO LIFE !
0930-22-0739(10:00~19:00)火曜定休 
福岡県行橋市宮市町1-27

ジュエリー・時計・アイウェアのセレクトショップ ENOMOTO
宝飾屋 あるいは眼鏡屋、創業以来ずっと時計屋。

NEW ARRIVAL+TOPICS

宝飾作家 酒井公男「最後の作品展」 8月18日(金)〜20日(日)

このたび、惜しまれつつも現役引退の決断をされた酒井公男氏。1957年に東京芸術大学彫金科を卒業以後、25年以上にわたって同大学で彫金科講師を勤めた傍ら、当時より創作活動を続け、宝飾作家として現在に至ります。

しかしながら、年齢による体力の低下に伴って、今後の作品製作における完成度や掛かる時間などを考慮した結果、お客様に提供できるのは今年限りと判断されました。(この唐草の伝統技術は同氏の御息女が受け継いでゆくとの事です。)
さて、当店ともゆかりの深い酒井公男氏。今回最後の酒井公男展を開催するに当たり、今までの創作活動の集大成を表現すべく、人気のある同氏の美しい宝飾の品々とともに普段はお目にかかれない同氏製作のメタルアート(金工美術品)の数々も同時出展し、日本を代表する彫金作家の特別な世界観を皆様にご堪能いただこうと思います。
今回「最後の作品展」ということで、全ての商品を集めて御紹介致しますが、これが本当に酒井公男が手掛ける最後となります。これほどまでに精密なアラベスク(唐草模様)の彫金と見事なまでに細かいロー付け(溶接)技術が内包された宝飾品は、ほとんど例がありません。作家自身の手による1点ものを手に入れる最後の機会でございます。どうぞお見逃しなく。

2017/08/12